資金繰り

担保があれば金利は低い

投稿日:2017年3月29日 更新日:

ビジネスローンって、無担保・保証人不要での融資を行っているという事でも注目されているのですが、担保があれば金利が安くなるということもあるらしいので、どうしても返済負担は軽くしたいというのであれば、担保をいれて融資をしてもらうのもいいと思います。

確実に返済できるということであれば、担保を入れるのもいい事だと思うのですが、計画性がない経営者の場合は、返済できずに担保を取られてしまった・・というようなケースもありますので、よく考えて契約する事をオススメします。

長期の返済でも低金利なら負担は少なくする事ができますので、これから事業を拡大したいと考える経営者なども検討してみるといいと思います。

保証人不要というシステムは、会社への融資となるので、経営者自身が保証人になっているという感じになります。
誰にも迷惑をかけずに借り入れをしたいと考える経営者は多いでしょう。
今の時代、保証人を頼んでも断られる事が多く、信用を失ってしまうということもあるようですから、保証人は自分自身となるビジネスローンを利用した方がいいと言えます。

借入金額に関しては、最低限とするのが理想です。
返済期間が長くなる事を想定したり、金利負担が大きくなる事もありますから、必要な分だけの融資を検討するようにしましょう。

-資金繰り

執筆者:

関連記事

法外金利の悪徳金融

最近は消費者金融のビジネスローンの広告などをよく目にするようになりましたが、即日融資が可能だという公告や張り紙には注意した方がいいと思います。 連絡先が携帯電話の番号になっている場合は、怪しいとおもい …

資金調達に必要な即日融資

消費者金融系のビジネスローンというのは、無担保・無保証での融資を行っているのですが、リスクが高いため金利は高めに設定されているというのが特徴的です。 銀行系は担保や保証人を必要とするビジネスローンしか …